資産を増やし、目指せ豊かなお金持ち! お気に入りに追加  応援お願いします👉  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

配当金ついて

配当金とは

株を持っている会社が利益をあげたとき、その利益のうちのいくらかを配当という形で株主に還元してくれるお金のことです。

※配当金の種類

【普通配当】
通常の配当金で、年に1回から2回支払われます。

【中間配当】
普通配当の中で、中間決算後に配当される配当金

【記念配当】
企業の記念(上場など)などによって支払われる配当金

【特別配当】
一時的に利益が大きく上がった時に支払われる配当金

※今年2006年5月1日の新会社法の施行で、株主への配当は「時期、回数」の制限なく自由に行える、というのが新会社法の改正ポイントの一つのようで、現行法で定められている、中間配当と期末配当という年2回の配当に縛られない機動的な株主還元、たとえば「四半期配当」に踏み切る企業も相次ぐだろう、との観測もあるようです。


※配当金の受け取り方

権利確定日と呼ばれる日に株主であればその配当金をもらえる権利があります。

ここで注意をしないといけないのが、権利確定日に株主である為には決算日から起算しての5営業日まえの権利月最終日に株を買付していなければならないということです。
例えば3月末が決算の銘柄の場合
24日(金)
25日(土)
25日(日)
27日(月) 権利付最終日
28日(火)(権利落ち日)
29日(水)
30日(木)
31日(金) 決算日(権利確定日)

そして、権利確定日に株主だった人に、2~3ヶ月後に配当を受け取る為の証書(「配当金郵便振替支払通知書」か「配当金受領書」)が送られてきます。
その用紙に必要事項を記入捺印して、用紙の裏に書かれてある指定金融機関(銀行か郵便局)の窓口へ持って行くと配当金を受け取ることができます。

銘柄によっては、銀行振込などを指定できる場合があります。
※配当の受け取りには期限がありますので、期限内に受け取らないと権利が消滅してしまうのでご注意して下さい。
※また、証券会社により「配当金自動受取サービス」があり、金融機関に直接行かなくても、保有している株式の配当金を直接、取引している証券会社の自分の口座に自動で入金するサービスもあるようです。

※株式の配当金の課税方法は?
一定の上場株式等の配当等については基本となる源泉徴収税率が一律20%(国税15%、地方税5%)となっています。
なお、平成20年3月末日までの5年間に支払いを受ける上記の上場株式等の配当等に係る源泉徴収税率は10%(国税7%、地方税3%)の優遇税率が適用されています。



配当利回り
株価に対する年間配当金の割合を示す指標です。
1株あたりの年間配当金額を、現在の株価で割って求めます。
配当利回り(%)=一株当たりの配当金÷株価×100

例えば、1株1000円で100株購入した株に1株あたり10円の配当が付くとすると
10円÷1000円×100で、1%の配当利回りになります。

配当性向
利益に対してどれだけを配当に回しているかを見る指数です。
1株当たり配当金÷1株当たり税引き後利益×100

1株あたりの配当が20円で1株当たり利益が100円ですと
20÷100×100=20 配当性向は20%となります。
配当性向が高いほど、多くの利益を株主に還元しているといえますが「配当性向が低い=よくない会社」と考えるのは拙速で、その分内部留保を高め、将来の新事業などに備えているケースもありますね。


ブログ更新の励みになりますので、よろしければ1クリック協力お願い致します。人気ブログランキング




初心者でも安心!日本創芸学院「インターネット株取引講座」☆詳しい案内書を無料送呈中です。
関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

Google





株式投資の情報誌

株式投資の情報誌
お得な定期購読専門サイト
Fujisan.co.jp

ダイヤモンドZAi(ザイ)
マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。
お金や投資に役立つ情報が満載



ネットマネー
儲かる!トクする!資産ができる!
日本初のネット専門マネー月刊誌!


日経マネー

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!



会社四季報
3500社を超える企業情報ハンドブック





会社四季報 CD-ROM
ファンダメンタルズ条件でスクリーニングできる唯一のソフト



その他投資情報

・ 投資情報 etc.
このコーナーでは株式投資以外
で、今後私がチャレンジしてみ
たい投資情報を紹介しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。