資産を増やし、目指せ豊かなお金持ち! お気に入りに追加  応援お願いします👉  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

北川精機ニュース

証券新報ニュース
株この一撃 北川精機 大化けにつながる3要素
2006/04/18

業績を下方修正したにもかかわらず、逆に株価は下値を切り上げていく場合がある。

余程の新商品が出るとか、期待材料が表面化とか、業績が急変しそうだとか、それなりの理由が必ずあるわけだが、北川精機<6327>の場合もまさにその3つの要素を兼ね備え、この1年くらいで相当化けそうな気がしてきた。

6月期決算で、今期は期前半のプリント基板用プレス機受注低迷の影響により、売上げ、利益とも減額したが、減額したその時分から台湾・中国向けプリント基板用プレス機の引き合いが回復、いまでは加速しているから皮肉なもの。

株価はそれを映して2月の703円安値から4月14日956円高値まで253円幅水準訂正し、いま初押しともいえる状況。

新商品というか戦略商品がある。電気二重層キャパシタ(EDLC)がそれで、次世代の蓄電デバイス。現在韓国大手携帯電話関連メーカーにサンプル出荷しているが、大口商談に結びつきそうだ。

世界の携帯電話市場で韓国のシェアが確実に高まっている事実から、今後の成長性は極めて大きい。

加えて、太陽電池用多結晶シリコンウエハの受託加工であるソーラーシステム事業の急拡大だ。

これまで原料ウエハ調達に難点があったものの、それが解消されて操業度大幅アップから月次での黒字転換を果たし、来期から業績面に多大な寄与が見込める段階にきた。

そうなると、来期の業績に関心が集まる。

今期は減額修正で売上高58億円(前期比7%減)、経常利益3億7000万円(同31%減)は仕方がなく、株価も十分に織り込んだ。

問題は来期である。現状で某調査機関の売上高78億円(今期予想比35%増)、経常利益7億円(同89%増)が一般的とされるが、某外資系の見方はずいぶん違う。

経常利益で8~9億円と見ているようで、仮に8億5000万円とすると税引き4億4000万円のEPS63円になってくる。となれば、次は第2段上げだから、この押し目をうまく狙うところだ。


ブログ更新の励みになりますので、よろしければ1クリック協力お願い致します。人気ブログランキング


☆ 今売れている投資に関連する本はこんな顔ぶれです。





関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

Google





株式投資の情報誌

株式投資の情報誌
お得な定期購読専門サイト
Fujisan.co.jp

ダイヤモンドZAi(ザイ)
マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。
お金や投資に役立つ情報が満載



ネットマネー
儲かる!トクする!資産ができる!
日本初のネット専門マネー月刊誌!


日経マネー

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!



会社四季報
3500社を超える企業情報ハンドブック





会社四季報 CD-ROM
ファンダメンタルズ条件でスクリーニングできる唯一のソフト



その他投資情報

・ 投資情報 etc.
このコーナーでは株式投資以外
で、今後私がチャレンジしてみ
たい投資情報を紹介しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。